スポンサードリンク

社会保険料とは?

社会保険料の計算方法とか控除とか一般の人にとっては何だかとっつきにくく
なじみのないことなんですが、社会保険料について詳しく知ることって意外と
大切かも知れません。

法律や社会の制度って勉強してみると「なるほどぉ〜」「そうだったのか」と
思うことが多いです。

知っていれば得すること、知らないと損すること、知ってても得も損もしない
ことって日常にたくさんありますね。

そんな中でも、前者の2つはおさえておいた方がいいと思いませんか?

このブログでは、社会保険料について解説していきます。
みなさんのお役に立てればと思います。

まずは社会保険料について理解することから始めましょう。

社会保険料とは、年金や医療など、国民が生涯に渡って健康で安心できる
生活を保障するために、国民の生活の安定が損なわれた場合に生活を支える
給付を行うための制度を運営するために国民や企業から徴収する保険料です。

もう少し簡単に社会保険料を説明すると、家族や個人の力では支えきれない
様々な生活の不安に対応するための社会的制度としての保障費ということが
できます。

いつも健康で過ごすこと、元気に働くことが理想ではありますが、常にその
状態を維持・継続できるとは限りません。
誰も老いからは逃れなれないのです。

社会生活での事故(疾病、傷害)、失業、老齢、死亡、退職など、それに
よって生じる生計の破綻を防止する為に、保険料を主要財源として、一定の
基準によって給付が行われ、生活保障を受けることが可能になります。

一般のサラリーマンの場合、社会保険料には、雇用保険(失業保険)、
厚生年金保険、医療保険(健康保険)、介護保険、国民年金保険などが
含まれます。