スポンサードリンク

社会保険料の標準報酬

社会保険料の報酬額は1月あたりの給与を根拠にします。

新しく採用した社員の社会保険の資格取得は、給与を支払う前に届け出る
ことが多くあります。

そのために、報酬月額を見込み額で記入して、標準報酬月額を決めることに
なります。

月給制の場合は、基本給と家族手当・通勤手当、残業手当を加えた額が
報酬月額です。

残業手当の計算は特に注意が必要です。

社会保険の資格取得の日により、月給の場合でも初月だけは日割り計算に
なることがありますが、この場合でも月給額を報酬月額として届けます。

月給制でない場合は、社会保険の資格取得の時点で決められた賃金の総額を
月あたりに直した金額を記入します。

日給や歩合給など、金額が変動する給与の場合は、予め報酬月額を決めると
いうことはできませんが、社会保険の資格取得日の前の一ヶ月に、その
会社で同じような仕事で同じような報酬をもらった人を平均した月額を
記入しましょう。

以上のやり方で、算定が難しい場合や算定額が予想した報酬とかなり離れて
いて不当になる場合は、社会保険者が妥当なと思える方法で報酬月額を
決めることになります。

又、社会保険の資格取得届と実際に支払った給料が異なって、標準報酬月額
に差が出た場合は、報酬月額を訂正した社会保険資格取得届を再び提出
することになっています。


<社会保険資格を取得するための届出>

届出の書類 ⇒ 被保険者資格取得届
届出先 ⇒ 社会保険事務所または健康保険組合
添付する書類 ⇒ 年金手帳