スポンサードリンク

社会保険料控除申告書を書く

保険料の控除は、大きく4つに分けることができ、それぞれ控除額が計算
されます。

・生命保険料控除
・損害保険料控除
・社会保険料控除
・小規模企業共済等掛金控除

それでは、社会保険料の控除について見てみましょう。

社会保険料控除は原則として記入は不要です。

健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料など公的な社会保険料について
控除されるのが社会保険料控除なのです。

これらのものについては、会社が保険料を毎月の給与から差し引いている
ので、保険料控除申告書に記入する必要はありません。

社会保険料控除申告書に記入しなければならないのは、国民保険や国民年金
などの本人が自ら払った社会保険料です。

又、本人と生計が一つになっている親族が負担することになっている
社会保険料を代わって支払った場合も本人の社会保険料として控除が
できるのです。


続いて、社会保険料の控除額と添付書類について見てみましょう。

・社会保険料の控除額
原則として支払額全額

・添付書類
不要。
注意:国民年金保険料や国民年金基金掛金については納付証明書が必要に
なります。


以上の説明で、社会保険の保険料控除申告書の記入方法や源泉徴収簿への
転記方法がよくわからないという人は、専門の本や詳しい解説サイトなどを
参考にされることをオススメします。

誰でもわかるように図解されていると思います。